プラスチックの基礎分類 プラスチックの物性 切断方法
プラスチックの分類図


*
プラスチックの基礎分類
プラスチックの種類は、普通「熱可塑性プラスチック」と「熱硬化性プラスチック」の二つに分けられるが、これは熱を加えたときの性質によって分類したもので、それ以外に、いかに示すような結晶性か非晶性か、重合方式、原料、分子構造、天然か合成か、等々の分類がある。

プラスチック

1.熱可塑性プラスチック
    A.非結晶性プラスチック PS, SAN (AS) ,ABS, PC, PMMA, PVC
    B.結晶性プラスチック PE, PP, PA, POM, PTFE, PETP 他
2.熱硬化性プラスチック PF, UF, MF, UP, SI,EP 他

熱可塑性プラスチック

加熱により溶融し、冷却するともとの固体にもどる性質(熱可塑性)を示す樹脂のことで、溶解性や熱可塑性を利用して容易に成形することができる。

熱硬化性プラスチック

低分子量で液体、粘稠なペーストまたは低融点の固体が硬化することにより不溶、不融性の三次元高分子になる。 成形は硬化前の樹脂を硬化させると同時に成形する。

非晶性プラスチック

分子の配列に規則性がない。

結晶性プラスチック

分子が規則的に配列した比較的結合の強い部分と軟らかい非晶性の部分が結ばれている。

高分子化合物において、原子や分子が規則正しく配列した状態を「結晶」といい、プラスチックは多少なりとも結晶性をもち、ポリ塩化ビニール(PVC)のように結晶性の低いものでも20%程度の結晶部分がある。
(参考:天然ゴムは、結晶部分の全くないもつれあった集合体である。 一方、繊維になるとプラスチックよりも結晶度が高く、ナイロンでは最高70%、セルロースでは90%にも達する。)
*
製品種類
名称 日本語名 英文名 品名 リサイクル品
PE ポリエチレン PolyEthylene LDPE バッグ等。
LLDPE ラップフィルム等。
HDPE プラスチック製の湯桶と片手湯桶、台北市専用ゴミ袋等。
PP ポリプロピレン PolyPropylene GPP キャンデー の包み、プラスチック製のファイル、フレコン、白いPP袋等。
HIPP 自動車のバンパー、回転式プラスチックチェア等。
PS ポリスチレン PolyStyrene EPS スタイロフォーム等。
GPS 冷蔵庫のプラスチック槽、CD透明の殻、プラカップ、コーヒーカップの蓋等。
HIPS 小型家電の殻、伝統的なテレビの殻 (黒色)等。
PVC 塩化ビニル樹脂 PolyVinly
Chloride
軟質PVC 農業用ビニール、人造革、軟質スリッパ、ビーチボール、消しゴム等。
硬い質PVC 塩ビ管、クレジットカード等。
PET ポリエチレンテレフタレート Poly Ethylene Terephthalate APET シート等。
PET-G ピース等。
一般PET ペットボトル、カーペット等。
ABS 洗剤用界面活性剤 Acrylonitrile Butadene Styrene 電器の殻、おもちゃ、パチンコ等。
PA ポリアミド(ナイロン樹脂) Polyamide (Nylon) PA6 車の部品、歯車、機械の殻等。
PA66 服、ナイロンの絹、耐火調理器具等。
PC ポリカーボネート Polycarbonate 哺乳瓶、防弾ガラス、プラスチックのメガネ、CD等。
PMMA メタクリル樹脂 Polymethyl Methacrylate ポリメチルメタクリレート(PMMA) プランク、看板等。
TPO 熱可塑性オレフィン系エラストマー Thermoplastic Olefinic 車の材料、ガスケット等。
EVA エチレン酢ビコポリマー Ethylene vinyl acetate copolymer   靴の敷き革、スポンジマット等。
TPU 熱可塑性ポリウレタン系エラストマー Thermoplastic Polyurethane エステル 歯車、自転車の材料、透明ブラストラップ、靴等。
エーテル 医療器具(輸血バッグ)、防寒服等。
プラスチック材質表示識別マーク
ポリエチレンテレフタレート(PET)
高密度ポリエチレン(HDPE)
塩化ビニル樹脂(PVC)
低密度ポリエチレン(LDPE)
ポリプロピレン(PP)
ポリスチレン(PS)
その他