成形方法 プラスチックの物性 切断方法
射出成形とは
射出成形(Injection Molding)とは、加熱溶融させた材料を金型内に射出注入し、冷却・固化させる事によって、成形品を得る方法です。 複雑な形状の製品を大量に生産するのに適し、成形加工の一大分野をなしています。
射出成形の工程は大きく分けて、6つあります。
1. 型締め
2. 射出
3. 保圧
4. 冷却
5. 型開き
6. 製品の取出し
の順序で行われ、このサイクルの繰り返しで、製品を連続的に生産できます。
*
ブロー成形とは
ブロー成形とは、ボトルやパイプなどの中空状の成形品を容易に得ることができる、優れた成形方法です。身近な製品ではPETボトルどがブロー成形で作られています。
まず押出し機で溶融させた樹脂を、ダイから筒状に押出します。この筒状の溶融樹脂をパリソンと言います。このパリソンを金型にはさみ、パリソン内に空気を吹き込んで、金型に押し付けます。金型は一定温度にコントロールされています。そして一定時間押し付け、固化した後に、中空成形品を得ることができます。
*
押出し成形(エクストルージョン)とは
押出し成形はロッド(棒状のもの)、パイプ、あるいは異形バーなどのような 連続した一定断面をもつ長尺の製品の製造に使われます。
*