再生材・リサイクル認証
地球温暖化や海洋汚染などの問題がますます深刻化する中、環境保護の課題は国際社会で注目を浴びています。政府や民間企業を問わず、リサイクル素材、脱炭素の製造プロセス、グリーン製品などに対する関心が高まっています。これにより、脱炭素におけるさまざまな問題に対するリサイクル素材の使用に関する標準と規制が段階的に設定され、カーボンプライシング、炭素税、リサイクル認証、環境ラベルなどが派生されています。企業がCO2排出量を削減し、関連するリサイクル認証や環境ラベルを取得しようとすると際、それによって顧客と最終消費者から環境保護に対する認識と信頼を得やすくなります。 再生プラスチックはソースにより主に2種類に分けられています:ポストインダストリアル(PIR、Post-Industrial Recycled material)とポストコンシューマー(PCR、Post-Consumer Recycled material)。PIRの原料は、主に工場の切りくずやトリム、ロールなど、生産プロセスで発生するプラスチック廃棄物、いわゆる生産ロスを指します。一方、PCRは、消費者が使用した後にリサイクルされるプラスチック廃棄物、つまり日常の家庭廃棄物からのリサイクル素材になります。PIRは汚されていない綺麗な再生プラスチックであるため、品質が比較的高く安定しています。一方、PCRは日常の生活廃棄物から供給されるため、大量で安定したメリットがあります。
再生材・リサイクル認証の種類
国際的に「脱プラスチック」や「脱炭素社会」への動きが加速し、各国がカーボンプライシングや炭素税などの関連規制を導入しています。これにより、欧州連合とアメリカの関連製品大手メーカーは、使用する材料の一定割合にプラスチックリサイクル認証を取得する必要があるという要求に応じ、CO2排出量の削減に取り組んでいます。ただし、使用目的、最終製品の種類、最終市場などに応じて、認められる再生プラスチックのリサイクル認証が異なる場合があり、リサイクル認証を取得するためのプロセス、検査手順も各認証によって異なってきます。今回では、国際的に最も一般的で広く適用されるいくつかのプラスチックリサイクル認証を簡単に紹介します:
ブルーエンジェル (Blue Angle)
ブルーエンジェル(Blue Angel)は、世界で最初に設立された環境ラベルの1つであり、国際的にも広く知られています。このラベルを取得するには、最終製品に少なくとも80%のリサイクル素材を含める必要があります。ブルーエンジェルはドイツの環境ラベルであり、その所有権はドイツの連邦環境、自然保護、原子力省にあります。そのため、このラベルは欧州で非常に高い知名度を持っています。
GRS (Global Recycled Standard)
GRS(グローバルリサイクルスタンダード)は、テキスタイル取引所が所有し、テキスタイル業界で最も代表的な認証の一つです。GRSはリサイクル内容、生産プロセス、化学物質の制限、社会的責任などを規定し、製品のトレーサビリティと環境への配慮を確保しています。GRSの認証対象はテキスタイル製品に限定されませんが、製品の原材料の少なくとも20%は再生材料で構成され、PIRとPCRの再生材料の比率が明確に表示されている必要があります。GRS認証ラベルを取得するには、製品の原材料の少なくとも50%が再生材料である必要があります。 GRS認証を取得すると、証明書が発行され、必要に応じて出荷時に商取引証明書(Transaction Certificate、TC)を発行できます。TCは認証機関によって発行され、出荷される製品の内容、重量、含有量などがGRS規格に準拠していることを証明します。各TCの発行には追加費用がかかります。
RCS (Recycled Claim Standard)
RCS(サイクルクレームステートメント)もテキスタイル取引所によって導入され、再生材料の使用を促進することを目的としており、少なくとも5%のリサイクル素材を含む製品に適用されます。RCSラベルは2つのカテゴリーに分かれています:再生材料含有率が5%から95%の製品「RECYCLED BLENDED」、および再生材料比率が95%以上の製品「RECYCLED 100」。RCSは処理や製造、品質、法的規制、社会的または環境的な問題には関与せず、再生材料の成分に焦点を当てた認証であり、そのためGRSの簡易版とも呼ばれています。出荷時に商取引証明書(Transaction Certificate、TC)を発行することも、顧客の要望に応じて可能です。
再生含有率UL2809
再生含有率UL2809は国際的に知名度の高い第三者機関であるUL(Underwriters Laboratories)が導入したものであり、再生材料の含有率を通して製造業者がその製品が環境にやさしいと市場に証明できるよう支援することを目的としています。UL2809は、次の4つのタイプの再生資源に適用されます:ポストインダストリアルPIR(Post-Industrial Recycled material)、ポストコンシューマーPCR(Post-Consumer Recycled material)、クローズドループリサイクル(Closed Loop Recycled)、海洋プラスチック/海洋ゴミプラスチック(Ocean Plastic / Ocean Bound Plastic)。前述した認証と異なり、UL2809の検証プロセスは、製造プロセス、サプライヤーの声明、生産記録などの文書に焦点を当てて審査を行います。
GRS認証システム・運用概要
GRS認証システムは、リサイクル原料の取入れ、サプライチェーン、社会および環境の実践、化学物質管理などの認証が含まれています。申請者は、再生製品の製造業者(半製品および製品を含む)、トレーダーおよびブランドなどGRS認証システムに参加する準備をしている企業が対象です。会社が製品の全体または一部を外部に委託する場合、関連する製造単位もGRSの基準を遵守する必要があります。  製品にGRS認証を申請して通過した会社は、認証製品の範囲証明書SC (Scope Certificate)を受け取ります。範囲証明書SCは、会社がGRS認証に合格したことを確認するだけであり、どの商品または材料が特定の基準に準拠しているかを証明するものではありません。この点は、商取引証明書TC (Transaction Certificate)を通じて証明する必要があります。商取引証明書TCには、出荷の詳細情報が記載され、再生材料の内容、重量、出荷および受取り企業の情報、入出庫の証明(番号など)などが含まれます。
【例文】

  • 原料メーカー:PET再生ペレット工場
  • 成型メーカー:繊維工場
  • ブランド:H&M

  • PET再生ペレット工場は原材料サプライヤーとして、まず自社のPET再生ペレットに関するGRS認証を申請する必要があります。認証を取得したら、その製品の範囲証明書SCを取得し、繊維工場への出荷時にその製品の取引証明書TCを提供します。 繊維工場およびH&Mも、自社の製品に関するGRS認証を申請するために上記の手順に従う必要があります。
    コンサル・購入の流れ
    Step 1. 仕様確認
    お客様の要望に基づいて、泰浩は再生プラスチックをカスタマイズし、サンプルをご提供します。
    Step 2. コンテナベースの取引
    材料が適しており、長期的な調達が可能であることを確認します。
    Step 3. 契約・認証の取得
    泰浩は原材料に対するリサイクル認証を取得します
    Step 4. 納品・認証の取得
    貴社は製品に対するリサイクル認証を取得します。